アメリカ入国の心構え

「いいわねえ。私は海外はおろか、国内だってほとんど旅行しなかったわよ」

1年前、世界一周の準備をする私を見て祖母がつぶやいた。

少女時代に戦争を経験し、日本の復興、高度成長とともに生き、そして気がついたら旅行どころか近所のスーパーに行くのも苦労するほど年を重ねていた祖母。
ちょっと胸が詰まりながら、

「そっかー、そうだよね。ばーちゃんはどんな国に行ってみたかったの?」

と聞くと、

「そうねえ。ハワイがいいかねえ、うん、アメリカ。あと、フランスとか」

祖母よ、ちょっと待て。
それは旧連合国ばかりじゃないか。
かつて祖母の世代は鬼畜米英相手に戦ったのではなかったか。

その点を問いただすと、

「まあねえ。でも綺麗そうだし。行ってみたいわねえ」

とのこと。

おお、何ということ。

特にアメリカなんてものは、非常に印象がよくない。
日本に二発も原爆を落とし、ベトナムに枯葉剤を撒き、その後もいろんなことをしまくっている国である。

ベトナムで枯葉剤の影響を受けた人々の写真を見て以来、私はさらにアメリカへの悪印象を強めた。
祖母が許しても私は許さんぞ。

**********

上記のような歴史的因縁もある上に、アメリカという国は恐ろしげでもある。

ドラマCSIシリーズを見ていると、夜な夜なクラブで若い男女が遊びまくり、ドラッグに手を出し、その夜のうちに殺され(ときには目をくり抜かれたり臓物をえぐり出されもする)、死体を前に捜査官がブラックジョークをとばしており、大変にクレイジー。

が、そんなクレイジーなアメリカに、今私はいるのである。

小田実は『何でも見てやろう』というアメリカ留学記を書いたが、私はアメリカで何でも見てやる度胸はない。
安全そうな場所の昼間の姿のみ見て回るつもりだ。

とにかくアメリカはロクな国ではなさそうであり、じゃあなぜ行くかと言われれば、アメリカには世界的に有名な博物館群があるので、それらを訪れるために来たのだ。
アメリカは嫌いだがミュージアムは好きだ。

アメリカにはアジアの美術品がたくさんある。
日本の美術品も戦後アメリカに大量に流出したようで、数年前上野で開かれていた「ボストン美術館展」を訪れた際には、浮世絵の数々を鑑賞しながら、これだけ日本の美術品がアメリカにあるのかと驚くとともに、なんか納得いかないというか、日本にあるべきじゃないの、と悔しさも感じた。

アメリカ人が常設的に見られるのに、日本人の私は初めて見た。
許せん。

こっちから見に行ってやろうじゃないの。

**********

私の世界一周最後の国、アメリカ。

ただの巨大な化け物なのか、それともそうではないのか。

短期間ではあるが、この目でなるべく多くを見て、祖母に報告したいものである。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by red-travel | 2017-03-23 11:38 | アメリカ合衆国 | Trackback

メキシコの真の姿 その2 音楽とメトロ

メキシコは音楽の国であり、チリやアルゼンチンなんかもそうだったが、休みの日には路上に音楽があふれる。

平日でも、音楽はとても身近だ。

中部の都市グアダラハラでは、バスターミナルから中心地区に向かうバスに乗っていると、ギターを持った若い男性が乗り込んできて、いきなり生演奏が始まった。
途中乗客との掛け合いもあって、なんだか知らんがツアーバスのような一体感。
とてもいい声だったので、私も楽しい気分になった。

しかし、こうした演奏につきものなのは、チップである。

**********

グアナファトのカフェでお茶を飲んでいるとき、近場でいかにもラテンな太鼓のパフォーマンスが始まった。
演奏が終わった後、ドレッドヘアの若い男性がテーブルを一つ一つまわり、ちょっとした話をして、チップを受け取っていく。

私の席にも当然まわってくるわけで、

「オー、ハポン(日本)、ボニート(きれい)!」

などと言ってくるので、ボニートなのは日本か私かいったいどっちだ、などと思いつつチップを出すため財布を開くと、たまたま小銭を使い切っていた。

「ごめん、渡せる小銭がない……」

と言った。すると、

「大丈夫、ボクは札も大歓迎さ」

チクショウ、うまいこと言いやがる。
仕方ない。
一番小さい札を楽器の中に入れたのだった。

チップの習慣は、やはり慣れない。
小銭を置いていくタイミングがわからないし、どうもキザな感じ。
それに、決まった金額を払うことに慣れていると、よけいな出費で損した気になってしまう。

チリのカフェやレストランでは、店側がチップ分を上乗せして請求してくることもあるので、一緒に旅をしていたKさんは

「税金みたいなものだと思えばいいんじゃない」

と言っていた。
確かにそうだと納得。

メキシコでは音楽やパフォーマンスに対し、皆当たり前のようにチップを渡している。
いかにも偏屈そうなおじさんや今風の若者が、物乞いに小銭を渡しているのも見た。

こういうところも、日本との慣習や考え方の違いを感じる。

**********

メキシコシティでは縦横にメトロが通っており、私もたびたび利用しているのだが、メトロに乗っていて気付いたことがある。

ケータイを出している人がとても少ない。

それが防犯上の理由なのか、普及率や依存度の問題なのかはわからないが、日本や他の国々でよく見かけるような、電車の中で皆下を向いているという光景は、メキシコシティでは一度もないのだ。

そうすると、彼らはまわりの人間を見ることになり、実によく席を譲る。
自然にスッと席を立ち、年寄り、幼い子どもをかかえた親、松葉杖を持った若者などに席を明け渡しているのを何度も見かけた。

メトロの中の物売りがやってくるのは、チリのサンティアゴも同様であったが、メキシコシティの物売りはバラエティに富んでいる。

荷物を持って乗り込んできて、大きな声で商品と値段を説明。
その車両の乗客に買う気がないとわかると、次の駅で降りて違う車両に行く。

商品は様々、プラグ、菓子、オモチャ、文房具もあった。
いきなりビートルズが流れ出したと思うとCD売りが声を張り上げる、というパターンもおなじみだ。
ラジカセを持ってメトロに乗り込んできた男性が、マイクを取り出し歌い出したこともあった。

**********

メキシコの建物はスペイン侵略の影響でコロニアル調だし、快適さもアジアよりはヨーロッパ寄り。

だけど、やはりメキシコはメキシコ。
「ラテン・アメリカらしさ」のようなものが多分に感じられるメキシコという国が、私はとても好きである。

タコス屋台のおかみさんに、スペイン語で「メキシコはどう?」というようなことをきかれたことがある。
英語がわからないその女性に、そのときはうまく答えられなかった。

もうすぐメキシコを離れるにあたって、心からこう思う。

メヒコ、
ムイ・ムイ・ボニート!

b0369126_10485848.jpg
(メキシコ、タスコ;銀細工が有名な、坂の多い町)


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by red-travel | 2017-03-22 11:05 | メキシコ | Trackback

メキシコの真の姿 その1 知られざる消費大国

実際に訪れる前、メキシコという国のイメージは荒野でありサボテンでありメキシカンハットの陽気な男などであったのだが、もし今後「メキシコってどんな国だった?」ときかれたら、私はこう言うだろう。

「メキシコ? 超、大量消費国だよ」

***********

トイレに紙がない

というのはよくあることなので、常にトイレットペーパーを持ち歩いているワタシ。
特にアジアではトイレのドアが閉まらないということもままあり、ゴミ箱で押さえたり、片方のヒジをぐっと張り出してドアをつかみねじりの姿勢で用を足したりと、トイレは闘いの連続であった。

しかしここメキシコでは、トイレに関する悩みがない。
日本と同じタイプの洋式であるうえ、紙はふんだんに、ビッグロールが設置されており、そればかりか、おお、

なんと手拭きの紙まで完備されている。

手拭きの紙はヨーロッパでもまばらであり、どちらかというと、空気で乾かすマシンや、布ロールタイプのものが普及していた気がする。

しかしメキシコは紙。

しかもこれ、デパートや高級店の話じゃない。
普通の食堂やホステルの話である。

**********

トイレばかりではない。

タコス屋台では手を使って食べるため、必ず手拭きの紙が用意されており、食べ終わったらその紙で、チリとパクチーにまみれた口と手をふく。

そのほか、タコスのプラスチック皿にも紙がしいてあったりビニールがかぶせてあったりする。

メキシコシティは大変に人口が多いのだが、そいつらが皆タコス食べたりトイレ行ったり、手を洗ったり洗わなかったりしてるわけで、

地球の緑が減るのもメキシコのせいだっ!!

と、言いたくなるほどの太っ腹な消費ぶりである。

**********

市場やその近くに行けば、安いカバンや雑貨がワアワアと並んでいる。

その熱気たるや、アジアの市場に負けてない。
休日ともなれば人がわんさか集まり、狭い通りを肩をぶつけながら歩くことになる。

私は数年間酷使……もとい愛用していたサブバッグのジッパーが壊れたため、カバン屋で新しいバッグを探し、沢山ポケットがついたちょうどよさそうなものを400円ほどで買った。

しかしそのおニューのバッグのジッパーもとれた。
寿命はわずか5日であった。

そして懲りずに別の市場で似たようなバッグを新調した。
今、いつこの360円のカバンのジッパーがとれるかと恐れながら町を歩いている。

衣料品ももちろん安く、靴下は30円で買える。
これまで靴下を繕いに繕い、繕いきれなくなったら穴があいたままはいていた私も、この値段の誘惑に負けて3足買いかえたのだが、ふと気付くとこのように、私もメキシコ流の消費の道を歩み始めているのだった。

**********

このように、私が訪れたメキシコの都市部は人とモノにあふれており、騒々しく、しかし人の熱気を感じる町であった。
荒野のメキシカンハットの男なんてものは、もっと辺境でないと存在していないらしい。

そんなパワー全開の消費者、メキシコ人諸君に問いたいのだが、

トイレもタコスも紙で手を拭く、ってことはハンカチなんて持ち歩いてないんでしょ。
アンタたち、汗かいたときどうしてるってのよ?

どうでもいいけどけっこう気になる。
正解を知ってるメキシコ通の方がいれば、ぜひとも教えていただきたい。

b0369126_08190178.jpg
(グアナファト、イダルゴ市場;この市場はほかと比べ、整然としていて人も少ない)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by red-travel | 2017-03-21 08:33 | メキシコ | Trackback

タコス屋台めぐり その2 多様性と様式美

タコスなんて、所詮アボガドディップをつけて食べる軽食でしょ

と思っていたら、それは大間違いであった。

聞けばメキシコ料理は世界無形文化遺産にも認定されているとのことで、タコス一つとっても、多様性と様式美を十分に兼ね備えている。

**********

タコスの具を包む生地、トルティージャには、おおざっぱに言えば手のひらサイズの小、赤ん坊の顔面くらいの中、成人の顔面サイズの大があり、スタンダードな黄色の生地のほかに、ヨモギのような緑色をしたものもある。

単純に焼いたトルティージャに具を乗せて食べるだけでなく、具を包んで揚げたり、厚めの生地を袋状にして中に具を入れたり、考えつくうまい食べ方はやり尽くされているようだ。

具は鶏肉や豚肉を野菜と一緒に炒めたもの、牛肉、臓物、チーズ、アボガド、あんこのような豆のペースト等々であり、各店何種類も用意している。

私の一番のお気に入りは、鶏肉や牛スジなどの肉をはさんだタコスを、辛いコンソメスープとともに食べるというもの。
スープの辛さがタコスのパサつきをカバーし、肉にはほどよく味が付く。

店ごとに工夫を凝らしているのだが、それでいて枠をはみ出たような奇抜なものは見かけない。
私が食した屋台のタコスやトルティージャを用いた料理はどれも安定した味であり、ライムや生タマネギ、サボテンなどの定番トッピングを備え、同じようなプラスチックの皿に乗せて、手で食べる方式であった。

**********

メキシコシティからバスで2時間ほどの町クエルナバカでは、ポソーレというスープ料理を食べた。

これは大粒のトウモロコシと鶏肉を煮込んだ少しとろみのあるスープに、別の皿に乗って出てきたレタスやらアボガドやら豚のチップスやら、いろんなものを入れまくり、ライムや薬味で味を調整して食うというものである。

鶏ガラスープにアボガド入れるなんてと思ったが、試すと味も食感も悪くない。
日本でもアボガドラーメン専門店、なんて作っちゃえば流行りそうな気がする。

タコスにしてもポソーレにしても、具は多様であるものの、シンプルなベースに自分で様々な具材を足していき、好みの味になったところでがぶっと食べるという形式。

この食べ方、光源氏が紫の上を幼少時に引き取り、自分好みの女に育ったところでおいしくいただいたような感じであろうか……。

これらメキシコ流の食し方を自分で育てる「紫の上式」とすると、メキシコの前に滞在していたペルーの料理は「六条式」であった。

ペルーのスープは、何が煮込んであるのかわからない色と味付け、というものが多々あった。
そのおどろおどろしさ、しかし一筋縄じゃいかない高貴な美味という点で、嫉妬で生き霊までとばしたドロドロ系美女、六条御息所を連想する。

おお、華麗なる世界食文化絵巻。

*********

というように、メキシコ料理を食べながら心は平安時代と現代メキシコを行ったり来たりしていたのだが、そんなことはどうでもいい。
結局うまけりゃ何でもいいのだ。

雑食の光源氏を見習って、紫の上だろうが末摘花だろうが、食わず嫌いせず色んな料理をつまみ食いしたいものである。

b0369126_13082536.jpg

b0369126_13075586.jpg

b0369126_13113181.jpg

b0369126_13025881.jpg
(タコスいろいろ、そしてポソーレ)


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by red-travel | 2017-03-16 13:16 | メキシコ | Trackback

旅と語学 その1 カフェの注文と1、2、3

この世の中の面倒なものベスト3を決めるなら、私の場合以下の三つがランクイン。

・生理
・会議の議事録作り
・スタバの注文

上二つは説明不要であろうが、最後についてはこういうわけである。

スタバのようにシステム化されたカフェでは、コーヒーの種類だけでなく、様々な事柄を選択し伝えなければならない。

サイズ、店内飲食か持ち帰りか、ミルクを入れるか否か、フレーバーを加えるか否か。
そしてカップに名前を書き、出来上がり次第名前を呼ぶという仕組みであるため、自分の名前も伝える必要がある。

当たり前だが、私の名前は外国ではなじみがない。
そのため聞き返されることが多く、スペルまでいちいち教えることになる。
いっそのことダイアナとかジャスミンとか適当に言ったろか、とも思うほどで、

つまり一連のやりとりが実に面倒である。
しかも今いるメキシコでは英語がイマイチ通じない。

しかし、スペインから中欧をはさんで南米、そしてメキシコと、スペイン語圏に半年近く滞在していると、注文に必要なスペイン語も自然と覚える。
今では私も

「カフェ、コンレチェ、チコ、ポル・ファボール。
メジャモ、◯◯……」

(コーヒー、ミルク入り、スモールサイズをお願いします。名前は◯◯です)

と、尋ねられる前に言っている。
スタバ、もはや恐るるに足らず。

**********

こうして次第にカフェの注文に限らず、日常的に使う表現は何となく理解できるようになった。

特に食べ物・飲み物に関しては、今ではスペイン語、日本語、英語の順に認識している。
英語メニューよりスペイン語メニューのほうが、料理のイメージがわく。

教科書にそって戦略的に勉強した英語と違って、スペイン語は生活の中で吸収していく。
文法は全然知らないまま、目と耳で単語を覚えているのだ。

まるで幼い頃に日本語を一つずつ吸収していった、その過程を追体験しているよう。
こんな経験は滅多にない。

**********

私が日本語以外にも言語があると認識したのは、いくつのときだったろう。

幼稚園か、小学校か、もう思い出せない。
しかし、知識として知っているというのと、感覚的に理解するのとは別物だろうとも思う。

メキシコ、グアナファトのゲストハウスで朝食をとっているとき、隣のテーブルの家族づれから英語で声をかけられた。

「ちょっとあなた、あなたの国では1、2、3……はなんて言うの?
この子が知りたがっているのよ」

そちらを向くと、小学生くらいの女の子が恥ずかしそうに私を見ている。

「ええと、私は日本人です。
日本ではワン、ツー、スリー、フォー、ファイブのことを、
イチ、ニ、サン、シ、ゴ、
と言います」

と、指を折りながら説明した。

その子はきっと、「イチ・ニ・サン……」なんてすぐに忘れただろう。
しかし、少なくともジャパンという国の数え方は、彼女の国の数え方と全く違うと感じたはずだ。
指の折り方も異なっていたかもしれない。

世界にはいろんな顔の人間がいて、全然違う言葉を話しているのだと、実体験として知るのは貴重なことだと思う。
それに立ち会えたことが、なんだか嬉しく思えたひと時であった。

b0369126_14383386.jpg

(グアナファト;カフェが集まる広場)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by red-travel | 2017-03-14 14:47 | 旅の日常 | Trackback